-仮想通貨で億り人ニートになりたい人のブログ-

仮想通貨で億り人

ICO案件

【ICO】REGAIN(リゲイン)を徹底解説!ICOの目的とREGAIN(リゲイン)のビジョンを解説します

更新日:

この記事では、2017年12月23日からICOが始まった、新規仮想通貨「REGEIN(リゲイン)」について、

☑どのようなプロジェクトなのか?

☑購入するメリットやデメリットは?

☑本当に信頼できるプロジェクトなのか?

などといった点についてまとめていきます。

 

実はこのREGAIN(リゲイン)に関しては、以前も記事にしたことがあったのですが…
(参考:【仮想通貨ICO】REGAIN(リゲイン)は買いか?徹底的に調べました

この記事を書いた時は、まだ私も仮想通貨投資を始めてすぐの頃だったので、うまく整理できていない部分もあったので、もう一度きちんと分かりやすく解説し直したいと思い、この記事を書くことにしました。

REGAIN(リゲイン)の購入を考えている、もしくはREGAIN(リゲイン)を購入しようかどうか迷っている、そんなあなたは是非参考にして頂けると嬉しいです。

REGAINの公式ページ:https://project-regain.io/

 

REGAIN(リゲイン)のプロジェクト概要

まずは、REGAIN(リゲイン)のプロジェクトの概要からまとめていきます。

REGAIN(リゲイン)が目指しているものを一言でまとめると、

 

「マイニングの面からビットコイン市場の安定化を実現する」

 

という事ですね。

ビットコインマイニングの現状

ビットコインは、特定の誰かがBTCに関する権利を有しているわけではなく、ビットコインのユーザー全員が少しづつ協力してビットコインを支える仕組みになっています。
仮想通貨とは?仕組みを分かりやすく解説

ビットコインのシステムを成り立たせる上で、非常に重要なのが「マイニング」という作業です。
【仮想通貨】マイニングとは?

マイニングというのは、簡単に言うとユーザー間でビットコインがやり取りされた際に、そのやり取りに不正がなかったか、正しく送金されているか、受け取る側は正しい金額のビットコインを受け取ることができたのかという事を確認し、正しい事が確認された場合はそれをデータとして記録する作業の事を指します。

このマイニング作業によって、ビットコインはユーザー同士で安全にやり取りする事が可能になっているのですが…

マイニングをすると、その報酬としてビットコインを受け取ることができるんです。

ビットコインは、無限に湧いて出てくるわけではなく、総量が2100万BTCと決められており、現在市場に出回っているBTCの数はおよそ1200万BTCほどと言われています。

つまり、いまだ市場に出回っていない900万BTCの中から、マイニングをした人に少しづつBTCを報酬として与えているという事ですね。

これは、BTCの通貨としての価値を保つためにそういった仕組みになっているのです。

無限に発行できる通貨には、通貨としての価値はありませんからね。

マイニング作業を行うとビットコインを受け取ることができるため、多くの人が参入してくるようになりました。

多くの人が参入してくると、その分計算能力も高くなるため、マイニング作業に要する時間も短い時間で済むようになっていきます。

しかし、ビットコインのシステムを確立したサトシ・ナカモト氏は、1回のマイニングにかかる時間が10分になるように、マイナー(マイニングをする人)の計算能力に合わせてマイニングの難易度を調整する仕組みをビットコインのシステムの中に組み込みました。

これは、マイニング1回当たりに要する時間がどんどん短くなってしまうと、その分複数の人が同時にマイニングに成功してしまう可能性が出てきてしまうため、2重決済などが起こってしまう可能性があるからです。

ですから、マイニングに参加する人が増えると、自動的にマイニングの難易度が上がる仕組みになっているのですが…

最近ではこのマイニングの難易度を調整するシステムによって、ビットコインのマイニングに必要な電気量が急激に増加しています。

ビットコインの難易度が上がれば、より高い計算能力を持つマシンでマイニングをした方がマイニングに成功する確率は高くなりますが、性能が良いマシンはその分電気も多く消費するからです。

ですから、最近では電気代が安い中国に主なマイニング組織が集まりつつあるのですが…

中国に存在するマイニンググループの一つに、「Bitmain」という組織があります。

このBitmainは、ビットコインのマイニングを行いつつ、同時にマイニングマシン(マイニングに特化した専用マシン)の供給も行っているのですが、実は現在、マイニングを行っているほとんどのグループは、このBitmain社から供給されているマイニングマシンを使用しているのです。

つまり、

Bitmain社からマイニングマシンを購入しなければマイニンググループを運営できない状況にある=実質Bitmain社にコントロールされている

という状況にあるわけです。

より大きな表現で言うと、

 

「マイニング市場はBitmain社に支配されている」

 

と言い換える事ができ、これは決して誇大表現というわけではありません。

(現在のマイニング市場のシェアと各マイニンググループが使用しているマイニングマシンのシェア)

 

マイニングはビットコインのシステム成り立たせる上で非常に重要な仕組みですから、このマイニングが事実上一社に支配されているというのは、ビットコインの通貨としての価値を非常に不安定にする事でもあります。

例えば、意図的にマイニングの処理速度を落とす事によって、ビットコインの送金にかかる時間を遅延させたり、ビットコインに関する重要な取り決めの際に、Bitmain社に有利になるような条件を付けることができたりなど…。

ビットコインは、「特定の組織が権利を持たない事」によって大きく発展を遂げてきたにも関わらず、このように特定の組織が実質的にビットコインを支配下に置いている状況は、ビットコインの価値を大きく下げる原因となります。

この問題を解消するために立ち上がったのが、「REGAIN(リゲイン)」という事ですね。

マイニング市場を変えるREGAIN(リゲイン)

では一体、REGAIN(リゲイン)は具体的に何をしようとしているのか、という部分について見ていきたいと思います。

まずREGAIN(リゲイン)が掲げているビジョンに関してですが、これは冒頭でも述べたように、

 

「マイニングの面からビットコイン市場の安定化を実現する」

 

というものです。

では具体的に、これを実現するためにどのような事をしていくのか。

 

まず、REGAIN(リゲイン)は既に、ビットコインのマイニングマシン市場のシェアで、2位の位置につけています。

前述の通り、マイニングには専用の「マイニングマシン」が用いられるのですが、既にREGAIN(リゲイン)は、マイニングマシンの開発技術を有しているという事ですね。

ちなみに、下のグラフが現在のマイニングマシン市場のシェア率です。

Company AとなっているのがBitmainで、2017年の時点でシェアは64.2%。

次いで2位がREGAIN(リゲイン)で、シェアは19.7%となっています。

 

ここで注目すべきは、2016年の時点ではBitmainのシェアが73.2%もあるのに対し、REGAIN(リゲイン)のシェアは9%しかない点です。

1年前9%だったところから、REGAIN(リゲイン)はわずか1年でBitmainから約10%のシェアを奪っているのです。

 

一番右端のグラフは、REGAIN(リゲイン)が発表している、2019年のマイニングマシンシェアを現したグラフです。

このグラフでは、REGAIN(リゲイン)は約80%のシェアを獲得する見込みとなっていますが…

人によっては、この見込みを「無謀だ」と笑う人もいるかも知れませんが、私は決して不可能だとは考えていません。

その理由は以下の3点です。

①現在ICOによって、膨大な資金が集まりつつあること

②既にREGAIN(リゲイン)は、これまでとは一線を画すマイニングマシンの開発に成功しつつあること

③REGAIN(リゲイン)のCEO「ダン・アフレック氏」は、元々Bitmainでマイニングマシンの開発を行っていたこと

それぞれ詳しく見ていきたいと思います。

①ICOによる膨大な資金調達

現在、REGAIN(リゲイン)はICOによって膨大な資金を調達している最中です。

ICOは2017年12月22日の17時から始まり、記事執筆時点(2017年12月23日17時)で、既に約4億円の資金が集まっています(REGAIN(リゲイン)のトークンで約880REG)。

まだICO開始から1日しか経っていないのですが、既に発行するトークンの1/5が売れている状況ですから、まず資金調達は成功するでしょう。

これは、REGAIN(リゲイン)のICOに参加する人たちの期待の表れでもあるわけですが、少し考えてみてください。

 

これまで、大規模な資金調達を行っていないにもかからわず、マイニングマシンでシェアを年々増やしてくることができたREGAIN(リゲイン)が、ここで一気に莫大な資金を手に入れたらどのようなことになるでしょうか?

もちろん言うまでもなく、REGAIN(リゲイン)のシェア拡大は一気に加速するでしょう。

②REGAIN(リゲイン)が開発するマイニングマシン

では具体的に、REGAIN(リゲイン)のマイニングマシンはどれ程優れているのか?

こちらは、現在市場に出回っているマイニングマシンの性能を比較したグラフになります。

一番左が、現在最も使用されているBitmainのマイニングマシン、真ん中が現行のREGAIN(リゲイン)のマイニングマシン、一番右が、2018年9月にREGAIN(リゲイン)からリリースされる、最新のマイニングマシンです。

まず、現行のマイニングマシンを比較してみると、Bitmainのマイニングマシンはハッシュレートが14TH/s、消費電力が1372Wに対して、REGAIN(リゲイン)の枚イニングマシンはハッシュレートは同等の14TH/s、消費電力が1020Wとなっています。

つまり、より低い電力でBitmainのマイニングマシンと同等の処理能力を発揮できるという事ですね。

ハッシュレートというのは、マイニングをする際の計算スピードの事で、ざっくりと「マシンの性能」と考えて頂ければ問題ありません。

 

先ほども触れてきたように、マイニングに必要とされる電気量は非常な膨大で、既に一つの国が消費する以上の電力がビットコインマイニングによって消費されている現状があります。

これは、マイニングに使用されるマイニングマシンが1台2台どころではなく、数万台、数十万台の規模だからです。

ですから、必然的に1日に消費される電気代も、一つの組織で数百万という単位になってきます。

これが原因で、多くのマイニンググループが電気代の安い中国に集まっているというわけですね。

上記の表を見ると、Bitmainのマイニングマシンに比べて、REGAIN(リゲイン)のマイニングマシンは1台当たりの消費電力が約350W低くなっています。

仮にBitmainのREGAIN(リゲイン)のマイニングマシンを1万台稼働ずつさせたら、REGAIN(リゲイン)のマイニングマシンの方が35000000Wも電力が浮くといういう事になるんです。

そうなると、マイニングによって同等の報酬を獲得できたとしても、相対的に受け取ることのできる報酬の価値はREGAIN(リゲイン)の方が高くなりますよね。

更にREGAIN(リゲイン)が2018年9月に完成を予定している、グラフで見ると一番右のマイニングマシンは、REGAIN(リゲイン)の現在のマイニングマシンとほぼ同等の消費電力で、計算能力を更に高めることができるようになります。

14TH/sから16TH/sに上がるというのがどれだけ凄いかというのはやや分かり辛いですが、

14TH/s→1秒間に14兆回計算が可能

16.6TH/s→1秒間に16.6兆回計算が可能

という事ですから、大幅に計算能力が向上している事が分かりますね。

更にREGAIN(リゲイン)は今後、20TH/sの処理能力をもつマシンの開発も予定しており、Bitmainのマイニングマシンと比較して約2倍の報酬の獲得が見込める計算となっています。

 

このマイニングマシンの性能の高さで、これまでマイニングマシンのシェアを拡大してきたREGAIN(リゲイン)ですが、今回のICOによって更にそのシェアは加速度的に増していくのではないかと私は思っています。

③ダン・アフレック氏の理念

REGAIN(リゲイン)のCEOを務めるダン・アフレック氏は、元々はBitmain社のオープンスタッフとしてマイニングマシンを開発してきた、いわばマイニングマシン開発のパイオニアでもあります。

現在REGAIN(リゲイン)が開発を進めている「ASIC」も、ダン・アフレック氏が開発を務めたものです。

ですから、REGAIN(リゲイン)はマイニングマシンの開発力という部分に関しては大きな優位性を持っているわけですね。

これも、もちろんREGAIN(リゲイン)の大きな強みではあるのですが、私はそれよりもダン・アフレック氏とREGAIN(リゲイン)の理念の方に共感を抱きました。

 

ダン・アフレック氏がBitmainを退社した理由は、ホワイトペーパーには「思想の違い」としか書かれていませんでしたが、私は拝金主義のBitmainに嫌気が指したからなのではないかと考えています。

Bitmainは、2017年8月のハードフォークの件を見ても分かるように、ビットコインを完全にお金儲けのためのビジネスをしか考えていません。

もちろんそれはそれで一つの正しい形ではあるのですが、自社の利益のためにBitmainが好き放題をしてしまうと、ビットコインの価値は非常に不安定なものになってしまうのです。

今後、お金の在り方を変える可能性を持っているビットコインを、Bitmainの利益のためだけにその可能性をつぶしてはいけない、という理念をダン・アフレック氏は持っています。

私はこの、ビットコインの将来性を見据えているダン・アフレック氏の考え方に強く共感する事ができました。

明確なビジョンがあれば、その分辿るべき道も明確になるため、ビジネスに強い爆発力が生まれます。

 

目先の利益を見ているBitmainと、ビットコインの価値を正しく認識し、より広く普及して欲しいと願っているREGAIN(リゲイン)。

私は、仮想通貨に投資する一人の人間として、純粋にREGAIN(リゲイン)をサポートしたいという気持ちになりました。

REGAIN(リゲイン)のICOは参加するべきか?

さて、ここまでREGAIN(リゲイン)のプロジェクトの詳細について見てきました。

ここまでの事実を踏まえた上で、購入するかどうかはもちろんあなた次第なのですが、私個人の意見としては、

「REGAIN(リゲイン)のICOには絶対に参加するべき」

だと考えています。

これには、私がREGAIN(リゲイン)のビジョンに共感したからだと言うような個人的な感情は抜きにした、明確な理由が2つあります。

①ビットコインは、より安定した通貨にならなければならない

まず一つめの理由がこちらです。

今後私たちが仮想通貨に投機・投資していく以上、ビットコインの価値が正しく認識され、もっと世界に広く普及していってもらう必要があります。

この記事を書いている前日の12月23日、連日の暴落によって一時期は220万円まで値上がりしていたBTCが、一気に130万円の底値を叩き出しました。

そして、それに合わせて他のアルトコインも暴落し、ビットコインの値段が170万円程度で安定したのに合わせて、徐々に元の値に戻しつつあります。

この事から分かることは、

「アルトコインの価値は現状、ビットコインの価値に大きく左右されてしまう」

という点です。

つまり、いくらBTC以外の将来性を秘めているコインに投資していようが、現状のままでは、BTCが崩壊した瞬間アルトコインも崩壊してしまうという事。

ビットコインが崩壊してしまったら仮想通貨は終わりなんです。

ですから、ビットコインが安定しない以上、私たちが今行っている投資もいつ崩れ去るかわからない砂上の楼閣のようなものなのです。

ビットコインを安定させるためには、少なくとも自社の利益のみを追求するBitmainがシェアを独占している現状を許して良いはずがありません。

今後も仮想通貨に投資・投機を行うのであれば、この問題をクリアにするために、REGAIN(リゲイン)はサポートしなければならないと私は考えています。

②REGAIN(リゲイン)のトークンは、今後非常に高い価値が出る可能性がある

こちらは一つ目の理由に付随するものでもあるのですが、REGAIN(リゲイン)がBitmainからシェアを奪えば、その分REGAIN(リゲイン)の価値も上がるわけですから、当然REGAIN(リゲイン)が発行するトークン(REG)の価値も上昇する事が見込まれます。

ICOのトークンセールをしている今が最もREGを安く手に入れることができるわけですから、ここで大量にREGを仕込んで置いたら、将来的にはいわゆる「億り人」になることも夢ではないかも知れません。

ただその夢も、現状ではビットコインが崩壊した瞬間に崩れ去ってしまいます。

仮想通貨の価値をより安定させていくためにも、REGAIN(リゲイン)にはBitmainがビットコインを好き放題しているという現状を打破してもらわなければいけないのです。

 

これらの点から、私はREGAIN(リゲイン)を購入する事にしました。

もちろん最終的にはあなたが購入を決める事ではあるのですが、今後も仮想通貨投機・投資をしていくのであれば、REGAIN(リゲイン)のICOをサポートするべきだというのが私の見解です。

長くなってしまいましたが、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

みんなで億り人になりましょう!

REGAINの公式サイト:https://project-regain.io/

 

また、REGAIN(リゲイン)の購入方法についてはこちらの記事で

【仮想通貨】現在ICO中のREGAIN(リゲイン)の購入方法

REGAIN(リゲイン)のトークンセールのスケジュールについてはこちらの記事

【仮想通貨ICO】REGAIN(リゲイン)は買いか?徹底的に調べました

それぞれまとめていますので、必要に応じて読んで頂ければと思います。

-ICO案件

Copyright© 仮想通貨で億り人 , 2018 All Rights Reserved.