-仮想通貨で億り人ニートになりたい人のブログ-

仮想通貨で億り人

基礎知識

【仮想通貨】マイニングとは?

更新日:

仮想通貨におけるマイニングとは、

「取引における不正がないかどうかの検証作業」

を意味しており、マイニングに成功した組織には報酬が付与されるため、

「新規通貨の採掘」

といった意味合いで使用される場合が多くなっています。

仮想通貨におけるマイニングの必要性

仮想通貨はその特性上、不特定多数の第三者が、取引における不正がないかどうかを確認する必要があります。
(参考:【仮想通貨】ブロックチェーンとは?分かりやすく解説

仮想通貨は従来までの日本円や米ドルのような法廷通貨とは違い、特定の誰かや組織が通貨の流通量を決めたり、通貨の価値を担保したりしているわけではありません。

日本円であれば日本銀行が、米ドルであればFRBが通貨の流通量を決めたり発券したりするわけですが、仮想通貨にはそのような機関は存在しないのです。

では、いったいどこの誰が仮想通貨の価値を決めているのかという話になるわけですが…

そこには、先ほども紹介した記事で詳しく解説されている「ブロックチェーン」という技術が深く関係しているんです。
(参考:【仮想通貨】ブロックチェーンとは?分かりやすく解説

簡単に説明すると、ブロックチェーン技術というのは、仮想通貨の取引を全て、漏れなくデータ上に記録していく技術の事を指しています。

例えば、AさんがBさんにビットコインを1万円分送金した記録があれば当然それも保存されますし、BさんがCさんからビットコインの送金を受けた記録があれば、それもこの「ブロックチェーン」に全て保存されていきます。

そして、これらの履歴は匿名化・暗号化された形で全世界の人が確認することが可能です。

つまり、仮想通貨で取引を行う全ての人が、全世界の取引の履歴を確認できる状況にすることによって、ユーザー全員で不正を防ぐ仕組みが出来上がるわけですね。

もちろん、一度確定された過去のデータを、後々になって改ざんすることは不可能です。

この技術によって、仮想通貨はその価値を損なわず、金銭的価値を交換できるツールとして使用されているわけです。

この取引の履歴を記録していくシステムがブロックチェーンなのですが、では今度はこんな疑問が出てきませんか?

 

 

「一体どこの誰が全世界の取引の履歴を記録しているの?」

 

 

そうなんです、全世界の取引を記録するとなるともちろんその取引の量も膨大なものになってきますし、何かしら見返りがなければ、とてもではありませんがやる気にはなりませんよね。

そこでブロックチェーンのシステムが採用しているのが、今回の記事のテーマにもなっている「マイニング」という作業なんです。

このマイニングというのは、仮想通貨の取引の履歴をブロックチェーン上に記載していく上で、取引を正確に・且つ不正がなかったかを検証しつつデータに記載していく作業の事を指しています。

そして、確実に、正しくデータを記載することができたら、その報酬として仮想通貨が付与されるわけです。

例えばビットコインの場合、1回マイニングに成功すると12.5BTCを報酬として受け取ることができます。

2017年12月18日現在、ビットコインの価値を日本円でおよそ200万円だとすると、1回マイニングに成功すると約2500万円を報酬として受け取れる計算になりますね。

ちなみに、

「マイニングをするとビットコインが増えるの?じゃあ無限にビットコインは増えていくの?」

という疑問を持たれた方もいると思いますが…

マイニングをすると、その報酬としてビットコインを貰うことができるわけですが、もちろんこれは誰かのビットコインが奪われたりするわけではなく、新規で発行されたビットコインがマイニングの成功者に手渡されます。

ではどこまでも無限にビットコインが増殖していくのかと言うと、決してそういうわけでもありません。

ビットコインは、現在おおよそ1200万BTCが市場で出回っているとされていて、ビットコインの総量は2100万BTCだと言われています。

ですから、いまだに発掘されていない900万BTCの中から、マイニングの成功者に毎回12.5BTCが支払われるという仕組みになっているんですね。

無現に増殖してしまっては、通貨として成り立たなくなってしまうので、上限があるのは当然のことですね。

ちなみに、このビットコインのマイニングですが、おおよそ10分に1度の感覚でマイニングが成功できるような仕組みになっており(そのためビットコインの送金などにかかる時間もおおよそ10分程度とされています)、10分間で12.5BTC、1日でおおよそ1800の新規ビットコインが採掘されています。

このペースでいくと、西暦2140年頃に全てのビットコインの採掘が終わり、そこからは既存のビットコインをユーザー同士で分け合うという形になりますね。

金をイメージして頂くと分かりやすいかと思います。

金も、地球上での埋蔵量は全て決まっていて、全て採掘し終わったらあとはそれを誰が手にするかだけですよね。

そのようなイメージが近いかと思います。

そして、もちろん金を掘り起こせるとなると、多くの人がお宝を手に入れようと集まってきますよね。

現在、仮想通貨のマイニングに関しても同じような状況が起こっており、世界中の様々な企業がマイニングに参加し始めています。

日本で言うと、GMOやDMM.comなどが、マイニング事業への参入を表明していますね。

マイニングは年々競争が激化しており、個人で行うことはほぼ不可能になってきています。

まとめ

長くなってしまいましたが、まとめていきます。

仮想通貨におけるマイニングとは、

「取引における不正がないかどうかを検証する作業」

を指します。

そして、マイニングに成功した人、組織には、その報酬として新規発行された通貨が付与されるという仕組みになっているんですね。

本来、マイニングとは取引に不正がないかを検証する作業の事を指すのですが、現在では

「新規通貨の採掘」

という意味合いで使われることが多くなっています。

マイニングは完全に個人で行う事はほぼ不可能に近いのですが、マイニングプールに参加する事で個人でもマイニングを行う事は可能になっています。

マイニングは成功率は高くありませんが、成功すれば確実に使を手に入れることができるので、参加してみても良いかも知れませんね。

期間限定!メールアドレスを入力するだけで1万円分のリップル(XRP)が無料でもらえるプレゼント実施中!詳しくは以下のバナーから

キャンペーンサイト:http://jisedai.tank.jp

-基礎知識

Copyright© 仮想通貨で億り人 , 2018 All Rights Reserved.