-仮想通貨で億り人ニートになりたい人のブログ-

仮想通貨で億り人

ICO案件

【仮想通貨ICO】LODE(ロード)について誰よりも分かりやすく解説!

投稿日:

この記事では、仮想通貨ICO「LODE(ロード)」について、どのようなプロジェクトなのかや将来性、投資する価値はあるのか、といった点について解説していきます。



LODE(ロード)について解説しているブログはたくさんありますが、一番分かりやすくまとめられるように頑張りますので、ぜひ参考にして頂けると嬉しいです。

それでは早速見ていきましょう。

↑好きなところから読めます↑

LODE(ロード)に関するまとめ

まずは、LODE(ロード)に関する情報や将来性などを、簡単にまとめていきたいと思います。

 

ICO、LODE(ロード)は…

・「金地金」に関するプロジェクト

・「金地金」をより手軽に売買できる身近なものにする

・プロジェクト自体は地味

・金融商品を扱うプロジェクトなので需要は高い

・金の輸送コストを大幅に削減可能

・爆発的な需要増は考えにくいが安定的に成長するプロジェクト

 

このような感じですね。

それではLODE(ロード)について詳しく見ていきたいと思います。

LODE(ロード)のプロジェクト内容

それでは早速LODE(ロード)のプロジェクト内容について解説していきたいと思うのですが…

 

その前に、まずはホワイトペーパーと公式ビデオからどうぞ。

この記事でも分かりやすく解説していきますので、時間がなければホワイトペーパーと公式動画は読み飛ばして頂いても大丈夫です。

 

ホワイトペーパーは以下のリンクから

公式解説動画

 

LODE(ロード)の内容をまとめていきます。

 

まずLODE(ロード)は、「金」に関するプロジェクトです。

※イメージ映像

内容を簡潔にまとめると

 

「現状の金地金の取引には無駄が多いため、実際に購入する金額に多額の手数料が加算されている状態になっている。しかも、金地金を売買する事自体身近なものではなく、更に金地金の取り扱いへのハードルが上がっている。LODE(ロード)はこれを解消して、金地金の適切な価格での売買を実現し、より人々にとって身近なものにする」

 

というプロジェクトです。

中々切り口としてはおもしろいプロジェクトだと思います。

LODE(ロード)の公式サイトはこちら

金地金の売買に関する問題点とLODE(ロード)の解決策

LODE(ロード)が掲げる、現状の金地金に関する大きな問題点として、

 

「金地金に加算される手数料が大きすぎる」

 

というものがあります。

これは、現在の金地金の輸送方法に問題があるのですが、現状金地金を輸送する際には、

 

採掘→製錬所→保管庫→販売店(ここで消費者が購入)→保管庫

 

というプロセスを経ています。

これだけ何度も輸送が繰り返されると、手数料が大きく加算されるのも頷けますよね。

しかも、金地金の場合は通常の輸送よりもセキュリティがより厳重になりますから、その分輸送にかかる費用も割高になってしまうんです。

 

これをLODE(ロード)の場合は、

 

採掘→製錬所→直接消費者へ→保管庫

 

と、消費者へ届くまでのプロセスを大きく削減する事ができる仕組みを作っているんです。

これによって、中間手数料を大きく削減する事が可能になるというワケですね。

 

更に現状、販売所や保管庫はそれぞれ独立して運営されているため、移動するのに大きなコストが必要になってしまうのですが、LODE(ロード)の場合は錬成所と保管庫を併設するため、消費者がLODE(ロード)のブロックチェーン上で購入した金地金をそのまま保管庫に移すことが可能になるわけですね。

錬成所・販売所・保管庫を全て1か所にまとめる事によって、コストを大きく下げる事が可能になるという事ですね。

 

ちなみに、現在金地金を売買するのには、およそ5%の手数料がかかります。

仮想通貨取引所であれば、高くても手数料は1%もいきませんし、売買手数料が5%なんて到底ありえないですよね。

それを考慮すると金地金の購入手数料5%という数字が、如何におかしい数字かが分かると思います。

 

LODE(ロード)の場合は、この手数料を限りなく0%に近い値段に設定できるとの事。

更にブロックチェーンを用いる事で、購入履歴が正確、且つ不可逆的なものになりますから、現在のようにわざわざ販売店に行って書類を記入して銀行にお金を振り込んで…

と面倒な手続きをしなくても良くなるわけですね。

 

金地金を購入する人の92%は購入した金地金を自分で保管するのではなく、正規の代理店に管理を任せていますから、

 

金の精錬所で精錬が終わった段階で販売→ブロックチェーン上でユーザーが購入(金地金の場所は移ず所有権のみユーザーに譲渡)→精錬所に併設されている保管庫にそのまま移動

 

という流れは非常に効率が良いという事が分かりますね。

プロジェクト自体は、中々面白いものだと個人的には感じました。

 

LODE(ロード)公式サイト:https://lode.network

 

LODE(ロード)の将来性

さてさて、ここまでの内容を踏まえてLODE(ロード)の将来性について考えていきたいと思います。

あくまで個人的な意見ですので、参考程度に考えておいてくださいね。

 

まず、将来性についてですが、個人的にはLODE(ロード)はそこまで大きく暴騰するICOではない印象ですね。

金地金に関しては、そもそも購入する層が限定的ですし、いくらLODE(ロード)のプロジェクトによって買いやすくなるとは言っても、そもそもの潜在層がそこまで多くはないと思うので、爆発的に金地金を購入するユーザーが増えるという事は考えにくいです。

 

ただし、今後日本の経済力が弱体化してくれば、必然的に円の価値が下がってくるわけですから、金地金やビットコインに対する需要というのは高まってくるでしょう。

また、これは日本に限らず、全世界で自国の通貨の価値が下がればその他の金融商品に流れるというのは当たり前の現象ですから、将来的には金地金に対する需要もより高まってくることが予想されます。

 

LODE(ロード)に投資する場合は、短期的な利益目的の投機ではなく、数年レベルの目線で見て投資する事が重要かと思います。

 

ただ、金地金に関する需要や金地金の価値は永続的なもので、決して失われる事はありませんから、LODE(ロード)は安定して成長していくことができるプロジェクトだとも言えるでしょう。

暴騰狙いではなく、安定して長期的に利益を出すための投資だと考えれば良いと思います。

個人的には、LODE(ロード)のプロジェクトはある程度将来性があると感じますね。

 

LODE(ロード)公式サイト:https://lode.network

 

LODE(ロード)は投資する価値はある?

さて、この点に関しては先ほど見てきた部分と重なる点もあるのですが、個人的には

 

LODE(ロード)に投資する価値はある

 

と思います。

金地金は8000年前から経済活動の一環として人間の歴史の中に入り込み、今日に至るまでその価値が失われるどころか、年々その価値が高まっていっています。

更に、現在日本を含めたいわゆる「先進国」と呼ばれる国々は軒並み経済不調によって自国通貨に対する不信が強まってきていますし、ビットコインの価値が暴騰したのも元々は中国での人民元に対する不安が強まったのがきっかけでした。

 

今後このような需要が強まっていく事は容易に予想が付きますし、金地金は安定して収益を生み出すことができますから、LODE(ロード)は息の長いプロジェクトになることが予想できます。

その点を考えると、投資する価値のあるプロジェクトだと言えるでしょう。

ただし反対に、

「明日いきなり日本が破綻する」

「明日いきないアメリカが破綻する」

というような事態も(余程の事がない限り)まずあり得ませんから、急激に金地金に対する需要が増加するという事も考えにくいです。

 

ですから、通常のICOのように「一気にトークンの価値が値上がりする」というような展開は考えづらく、数年単位の長いスパンで見ていく必要があるプロジェクトだということはきちんと理解しておく必要があると思います。

次の「LODE(ロード)のICOスケジュール」の部分で詳しく解説しますが、LODE(ロード)のICOは1000円からでも参加が可能ですから、まずは少額で投資して様子を見てみてもいいかも知れませんね♪

LODE(ロード)公式サイト:https://lode.network

 

LODE(ロード)のICOスケジュール

LODE(ロード)のICOスケジュールを見ていきたいと思います。

まずトークンについてですが、LODE(ロード)のトークンは

「LDG」

と表記され、ICOの段階では1LDG=1ドル(約108円)です。

トークンの総発行枚数は1億LDGですから、そこまで多くはないですし、デフレの心配はあまりしなくて良さそうですね。

 

LODE(ロード)のICOは、全3回に渡って行われます。

第一回 第二回 第三回
最小購入額 50,000 LDG(約500万円) 1,000 LDG(約10万円) 10 LDG(約1000円)
ボーナス 80% 40% 20%
トークン販売数 20,000,000 LDG 20,000,000 LDG 20,000,000 LDG
期間 2018.02.15 - 02.28 2018.03.15 - 03.28  2018.05.15 - 06.14

ボーナスは、購入した枚数に応じてその80%分の枚数が更に付与されるという事です。

 

例えば、第一回であればボーナスは80%に設定されていますから、例えば100000LDGを購入したら、更に80000LDGを無料で受け取ることができ、100000LDG分の金額で実質180000LDGを購入できるという事になります。

第一回が最もボーナスレートが高いので、第一回で購入するのが最もお得なのですが、なにせ最小購入金額の値段が値段ですから…(笑)

 

参加できる方は、第一回で参加するのが良いと思います。

ちなみに、ソフトキャップ(ICOを成功とする最低限の金額)は1000万ドル(約10億円)に設定されています。

ICOで集まった金額がこのソフトキャップに満たなかった場合は、ICOは失敗となり全ての資金が出資者に返金されます。

 

ICOは2月15日の15時から開始になりますが、既に事前登録はできるようになっていますから、興味があれば登録だけでも済ませておいてもいいと思います。

LODE(ロード)のトークン購入はビットコイン建てになりますから、ICOへの参加を考えている方はビットコインを用意しておきましょう。

 

LODE(ロード)公式サイト:https://lode.network

 

LODE(ロード)の登録方法

LODE(ロード)の登録方法について見ていきたいと思います。

まずは、公式サイトを開いてください。

公式サイトを開くとまずこのような画面が出てきますね。

 

 

画面右上の方にある「ログイン」という部分を押します。

すると、このような画面が出てきますね。

 

 

こちらはログインフォームになるので、下の「新規会員登録」を選択してください。

すると、このようなメールアドレスを入力するフォームが出てきますから、任意のメールアドレスを入力して、2つのチェックボックスにチェックを入れて「登録」を押します。

 

 

登録を押すと、すぐにLODE(ロード)からこのようなメールが送られてきます。

 

 

こちらが本登録用のリンクになりますから、(有効期限は24時間のみ)となっている部分の上のリンクを押して、本登録用のページを開いてください。

 

 

メール内のリンクを開くと、このような画面に移動しますから、必要な情報を全て入力して「登録」を押します。

これで、マイページの発行が完了しました。

 

 

トークンを購入する際は、おそらく左側のメニューの中に「トークン購入」といったような項目が追加されるはずです(2018年2月9日時点ではまだ設置されていません)。

トークンを購入する際はそこから購入したい分の金額を指定してアドレスを取得、そのアドレス宛にビットコインを送金するという流れになります。

 

ビットコインの送金方法に関しては、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

こちらはコインチェックからバイナンスへビットコインを送る方法になりますが、基本的な考え方については同じなので、参考にして頂けるかと思います。

また、LODE(ロード)のマイページ内でも2月15日に購入マニュアルが公開されるとの事ですから、そちらを参考にしてみても良いと思います。

LODE(ロード)の購入方法に関しては以上になります。

トークン購入の部分に関しては、新しい情報が入ったらまた更新しますね。

ぜひ、参考にしてみてください♪

 

LODE(ロード)公式サイト:https://lode.network

 

まとめ

というわけで、今回は仮想通貨ICO「LODE(ロード)」について、プロジェクトの内容や将来性、また登録方法などについて解説してきました。

あまり爆発的に成長するICOではないと思いますが、継続的に安定して成長が見込める分野のICOになりますから、長期目線での投資であれば参加する価値はあると思います。

 

LODE(ロード)に興味があるあなたの参考になれば幸いです。

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました♪

 

LODE(ロード)公式サイト:https://lode.network

-ICO案件

Copyright© 仮想通貨で億り人 , 2018 All Rights Reserved.