-仮想通貨で億り人ニートになりたい人のブログ-

仮想通貨で億り人

基礎知識

仮想通貨とは?仕組みを分かりやすく解説

更新日:

現在、仮想通貨市場が大きな盛り上がりを見せています。

出川哲郎さんがCMに起用されたり、お笑い芸人のかまいたちさんが仮想通貨に関するコントを作ったりと、まさにブームの真っただ中という感じです。
(ちなみにかまいたちさんのコントがこちらです)

 

こういった世間のトレンドを受けて、仮想通貨に興味を持ち始めたという方も多く見られますね。

この記事では、

☑仮想通貨とは何なのか?

☑どのような仕組みで成り立っているのか

☑なぜ通貨としての価値があるのか

などについて解説していきます。

仮想通貨に興味があるあなたに、少しでも参考になれば幸いです。

仮想通貨とは

仮想通貨とは、その名の通り紙幣が存在しない「データ上だけのお金」です。

通常、私たちが使用する日本円にしても、米ドルにしてもポンドにしても、特定の国家や組織、管理者によってその価値が保証されています。

日本円であれば日本が、米ドルであればアメリカが、ポンドであればイギリスが、それぞれの通貨の価値を保証しており、広く「金銭的な価値があるもの」として認識されています。

これに対して仮想通貨は、どこか特定の組織・国・管理者がその価値を保証するものではないため、現在非常に高い値段が付けられていますが、それは完全に需要と供給のみによって成り立っているものなのです。

ですから、仮想通貨は非常にボラティリティ(資産価格の変動の激しさを表すパラメータ)が高く、金融資産としては非常にその価値が図りにくいものとなっているのが現状です。

仮想通貨の仕組み

通常、私たちが使用する日本円であったら日本銀行、米ドルであればFRBといったように、世界中で流通している法定通貨はどこかの中央管理者がその通貨に関する流通量・発行量を決定する権利を有しているのが普通です。

しかしながら、仮想通貨にはそのような中央管理者は存在しません。

では、いったい仮想通貨はどのようにして運営されているのか?

ここが仮想通貨において非常に重要なポイントでもあるのですが、仮想通貨は、

「通貨を利用する人全員が管理している」

んです。

これが、仮想通貨に通貨としての価値をもたらしている一番大きな要因であると言っても過言ではないかも知れません。

仮想通貨(ここではビットコインを指します)は、ブロックチェーンとマイニングと呼ばれる技術によって、特定の管理者を設けることなく、ユーザー同士で不正な取引が行われないように監視できるシステムを確立しました。
(参考:【仮想通貨】ブロックチェーンとは?分かりやすく解説
(参考:【仮想通貨】マイニングとは?

特にブロックチェーン技術は、仮想通貨の分野だけでなく今後様々な分野にも応用される事が期待されており、非常に注目を集めています。

また、現在ではブロックチェーン技術のみが評価され、ビットコインには価値がないものとする声もありますが、元々はビットコインのシステムを実現する上でブロックチェーンの技術も確立されたという点は覚えておくべきでしょう。

仮想通貨(ビットコイン)が通貨として成り立つ理由

※この項目では、仮想通貨=ビットコインとして解説していきます。

前述の通り、ビットコインには特定の管理者が存在しません。

この事による一番のメリットは、

「送金にかかる時間と手数料を大幅に削減できる」

という点にあります。

 

例えば、日本からアメリカに50万円を送金しようと思った場合、送金手数料が6000円、為替マージンが5000円、更に受け取りにも1000円の手数料が発生するため合計で12000円の手数料が発生してしまいます。
(参照:海外送金手数料の比較

更に、送金が完了するまでにかかる期間も長く、日本で送金の手続きを終えてから、海外で引き落としができる状態になるまでにおよそ1週間程度の時間が必要になります。

更に、企業間で行う送金などを考えた場合、当然金額もより大きなものになりますし、そうなると全体コストもより大きなものになってくるのです。

 

それに対して、ビットコインは特定の管理者を持たないため、ユーザー間で直接コインのやり取りをする事が可能になります。

もちろん、電子データのみのやり取りなのでトランザクション(取り引き)の承認にかかる時間も10分程度と大幅に短縮できますし、国境をまたいでの送金だったとしても、使用している通貨は「ビットコイン」という、送り手と受け手にとって価値が同一の通貨であるため、為替によるマージンを支払う必要もありません。

しかも、基本的には取引は公正・公平に行われ、不正が入り込む余地はありません。
(参考:【仮想通貨】ブロックチェーンとは?分かりやすく解説

お金がお金として機能する理由とは

ここで少し話を広げて、「そもそもお金とは何なのか?」という点について考えてみたいと思います。

結論から言ってしまうと、お金というのは「信頼」です。

私たちが普段使用している日本円は、もちろん表面上は紙のやり取りによって価値を交換しているのですが、その中身は「信頼」を交換している事なのです。

1万円札が1万円分の価値を持つことに疑問を抱く人はそうそういないでしょう。

なぜなら、日本人である私たちにとって、1万円札というのは1万分の価値があるという事が、当然の認識として存在しているからです。

だからこそ、ただの紙切れにすぎない「1万円札」というものを使用して、ご飯を食べたり、服を買ったり、髪を切ったりすることができるわけなんですね。

 

つまり世の中に出回っているお金は

「信頼によって成り立っている」

といっても過言ではありません。

 

ですから、日本人みんなが

「日本円は実際ただの紙切れだからもう使わないよ」

と言ってしまえば、当然ながら今手元にある紙幣はその価値を失い、ただの紙切れになってしまうわけですね(勿論現実的に考えてそのような事態はまずあり得ませんが)。

いわゆる、

「ケツを拭く紙にもなりゃしねぇ」

ってやつですね。

ビットコインは通貨として成り立つか

話をビットコインに戻します。

前述の通り、通貨の本質は「信頼」にあります。

ですから、ビットコインも多くの人が

「ビットコインには価値がある」

と認めれば、立派な通貨として認められるのです。

 

そして現在、ビットコインは多くの人にその技術が認められ、その価値が認識されつつあります。

元々は一部のユーザーが使用するに留まっていたのですが、徐々にその技術の凄さに気づき始めた人々がビットコインを欲しがりはじめ、現在、多くの人がビットコインを求めているという状況になっているわけですね。

 

ただし、ビットコインの技術が、その技術に見合った正式な価値をつけられているのかという部分に関しては疑問が残ります。

現在、ビットコインの価格は非常に加熱しており、1BTC=220万円(2017年12月19日15時現在)という驚異的な値段が付けられていますが、これは値段だけがやや先行している印象は拭いきれません。

基本的に、多くの人が欲しがるものは価値が上がります。

ビットコインは、現在市場に出回っている量よりも欲しがる人の数が圧倒的に多いため、加速度的にインフレが進んでいます。

しかしこれはまさにバブルと言わざるを得ず、本当にビットコインに220万円の価値があるのか、今後安定的な通貨として使用していくことは可能なのか、暴落する危険性はないのか等、考慮すべき点は数多く残っています。

また現状、このビットコインとその他の付随する仮想通貨の急激な値上がりに乗っかって、仮想通貨市場に参入する人が大幅に増えているため、その需要に比例して仮想通貨の価格もどんどん吊り上がっている状態です。

ビットコインと、それに付随するブロックチェーン技術が非常に革新的なものであることは間違いありませんが、本当にその価格が適正なのかどうかという事に関しては、まだまだ検討の余地がありそうですね。

まとめ

今回は、

・仮想通貨とはどういった仕組みで成り立っているのか

・何故通貨として使用する事ができるのか

といった点について見てきました。

記事の内容を要約すると、

☑仮想通貨は特定の管理者が存在しない

☑そのため、従来までの金融システムに大きな変革をもたらす可能性を秘めている

☑通貨は信頼で成り立っているため、たくさんの人が仮想通貨に「通貨」としての価値を感じたら金銭的な取引も可能になる

☑ただし、現在の価格が適正かどうかについては疑問が残る

と、なります。

仮想通貨とは何なのか?というあなたの疑問を少しでも解決できたなら幸いです。

また、記事のの一番最後におススメの記事をまとめておきますので、ぜひお時間がある時にそちらも読んで頂けたら嬉しいです。

私自身仮想通貨の勉強を始めたばかりで、分かりにくい点もあったかと思いますが、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

おススメの記事

期間限定!メールアドレスを入力するだけで1万円分のリップル(XRP)が無料でもらえるプレゼント実施中!詳しくは以下のバナーから

キャンペーンサイト:http://jisedai.tank.jp
【仮想通貨ICO】REGAIN(リゲイン)は買いか?徹底的に調べました

【随時更新】仮想通貨のアフィリエイトを提供しているASP・取引所の一覧まとめ

-基礎知識

Copyright© 仮想通貨で億り人 , 2018 All Rights Reserved.