-仮想通貨で億り人ニートになりたい人のブログ-

仮想通貨で億り人

基礎知識

【仮想通貨】ICOとは?

更新日:

ICOとは、「Initial Coin Offering」の略で、仮想通貨を利用して企業が資金を調達する方法の一つです。

企業やプロジェクトが、独自の仮想通貨(トークンやコイン)を発行して、それをドル建てやBTC建て、またはETH建てで購入してもらう、というのが一般的な流れになっていますね。

イメージ的には「株」に非常に近いものがあると思います。

このICOによって、企業やプロジェクトは大きな資金を調達する事ができ、投資した人たちもその仮想通貨が取引所に上場した(取引所でその通貨が扱われるようになった)場合、大きなリターンを受けることができるという、双方にとってメリットが期待できるものなのです。

ICOが秘める可能性

ICOは、インターネット環境と少額の資金さえあれば世界中のどこからでも参加する事が可能です。

今までは、企業に資金を投資するためのハードルが高く、「投資」というとごく一部の世界の人たちだけが行うものという印象があったのですが、ICOはそのハードルを一気に下げました。

 

誰でもスマホがあれば企業に投資する事ができるようになり、企業もより資金を集めやすい環境ができたわけです。

これによって、企業が資金的な問題を解決するためのハードルが一気に下がったわけですね。

ICOが持つリスク

前述のように、企業側、投資家側双方に大きなメリットがあるICOですが、もちろん良い面だけではありません。

現在、短期間で普及しすぎた仮想通貨に対してまだ世界中で法整備が整っておらず、ICOを利用して資金調達だけを行い、公約を果たさずに消える企業やプロジェクトも多くあります。

ICOと似たものに、「IPO」があります。

 

IPOであれば、きちんと専門の審査期間が存在するためこのような事態は発生しませんが、誰でもICOを行う事ができる現在の状態では、初めから資金集めのためだけにICOを利用するような人たちがいる現状もあるのです。

現在ではこの点が問題視され、徐々に詐欺目的のICOは減りつつありますが、ICOに参加する際はしっかりとホワイトペーパーを熟読し、そのリスクも理解した上で投資を行う必要がありますね。

期間限定!メールアドレスを入力するだけで1万円分のリップル(XRP)が無料でもらえるプレゼント実施中!詳しくは以下のバナーから

キャンペーンサイト:http://jisedai.tank.jp

-基礎知識

Copyright© 仮想通貨で億り人 , 2018 All Rights Reserved.