-仮想通貨で億り人ニートになりたい人のブログ-

仮想通貨で億り人

ニュース 取引所

【仮想通貨】イタリアの取引所で再び不正ハッキング・・・相場に与える影響は?

投稿日:

つい先日、コインチェックが約600億円分のネム/XEM盗難被害に遭った事は記憶に新しいですが、日本時間の2月10日06:30分、イタリアの取引所「BitGrail」で、約200億円分の仮想通貨盗難被害が発生していた事が分かりました。

 

盗難された仮想通貨はNano(XRB)という仮想通貨で、盗難されたXRBはおよそ1700万枚。

これはRXB全体の10%以上もの量にあたり、価値で言うと約200億円分程になります。

この件を受けて、Nano(XRB)は、事件前約1XRB=12ドルだった値段が1XRB=10.4ドルにまで下落しました。

現在は1XRB=8.8ドルにまで下落しており、事件の影響が色濃く出ているものと見受けられます。

 

しかしながら、この下落はあくまでNano(XRB)だけの限定的なもので、仮想通貨市場ではそこまで大きな相場の変動はなかった模様です。

この事件が仮想通貨市場に与える影響は?

先ほども若干触れましたが、この事件が仮想通貨市場に与える影響というのは、それほど深刻ではないようです。

Nano(XRB)こそ大きく値段を下げてはいるものの、仮想通貨市場全体としては徐々に相場は戻してきていますし、この事件が市場・相場に与えるマイナスの影響というのはそこまで心配しなくても良いのかな、と個人的には思います。

 

それにしても、今年は年明けからあまり良くない相場が続いていますね。

年明け最初の1週間、2週間くらいはXRPが400円を突破したり、仮想通貨が軒並み暴騰したりとかなりバブルの様相を呈していましたが、15日に一気に暴落して以降、コインチェックの不正ハッキングに、今回の不正ハッキング。

悪い事が連続している印象ですね。

 

相次ぐ下落で私の資産も一時は4万ドル前後ありましたが、現在は1万5000ドル前後程度になってしまいました(涙)

 

とは言え、今回のイタリアの取引所ハッキングは、そこまで仮想通貨市場にはダメージを与えていないようですから、その点については一安心です。

しかし、200億円ってコインチェックの後だと若干かすんで見えはしますが、充分とんでもない金額だと思います。

 

これだけの金額が盗難されているにも関わらず市場に影響がそれほど出ないというのは…

 

①今回の下落の底が仮想通貨の新しい底値

②このくらいじゃ下げないくらいにはみんな悪材料に慣れてしまっている

 

のどちらかという事なんでしょうか?

個人的には①の方だと嬉しいんですが(笑)

 

まぁいずれにしても、私は昨年12月の一番高値の時期に参入したいわゆる「出川組」なので、さすがに今の相場では売ることはできないですね(笑)

仮想通貨は間違いなく革新的な技術ですし、今後更に技術的な要件も解決してくるでしょうから、その時に仮想通貨がどう評価されるのか、という点を楽しみにしばらくはガチホでいきたいと思います。

 

あと、まぁ再認識ではありませんが、今回の件でやはり取引所に預けておくのはダメなんだなという事を実感しましたね。

若干ハードルは高いんですが、導入できる方はハードウェアウォレットの導入も検討した方が絶対にいいと思います。


ハードウェアウォレット公式サイト:https://hardwarewallet-japan.com

やはりお金の事ですし、取引所に預けっぱなしにせず、できる限り自分で管理する事が原則だと思います。

まだまだ仮想通貨は寒い相場が続きそうですが、一緒に頑張って乗り越えていきましょう!

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。
 

 

期間限定!メールアドレスを入力するだけで1万円分のリップル(XRP)が無料でもらえるプレゼント実施中!詳しくは以下のバナーから

キャンペーンサイト:http://jisedai.tank.jp

-ニュース, 取引所

Copyright© 仮想通貨で億り人 , 2018 All Rights Reserved.