-仮想通貨で億り人ニートになりたい人のブログ-

仮想通貨で億り人

ICO案件

【ラストチャンス】EZPOSをお得に購入できるのは次で最後です【仮想通貨ICO】

更新日:

2018年1月12日から、「EZPOS」の最後のICOが始まります。

EZPOSはこれまでも3回ICOを行ってきているのですが、いずれも開始から1日以内に売り切れています。

プレICO:100万トークン販売。開始1週間以内に完売(1EZT=約70円)

ICO第一段階:100万トークン販売。開始1日で完売(1EZT=約90円)

ICO第二段階:300万トークン販売。開始10分で完売(1EZT=約110円)

※EZTはEZPOSの独自トークンの単位です。

EZPOSは、「アカウントに登録するだけでコインを貰える」という事でも注目を集めているのですが、実はプロジェクト自体もかなり「ガチ」なんです。

今後、爆上げも十分にあり得る銘柄です。

 

EZPOSのICOは、1月12日から始まるICO第三弾で終わりですから、購入したいと思っている人はしっかり購入する準備をしておきましょう。

この記事では、EZPOSのプロジェクトの内容や将来性、購入方法などについて解説していきます。

ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

それでは早速見ていきましょう。

 

EZPOSの登録・購入方法

EZPOSは、なんと公式サイトでアカウントを登録するだけで5EZT貰うことができるんです。

EZPOSへの登録方法、EZTトークンの購入方法に関してはこちらの記事で詳しく解説されているので、良ければ参考にしてみてください。

 

EZPOSのICO第三弾は、1月12日の24時からスタートします。

第三弾でのトークン発行量は500万トークン。

1EZT=1.2ドル(約130円)です。

これまでのICOの中でも最も大量のEZTが用意されている第三弾ですが、プレセールから第二弾までの流れを見ると、長くても1日ですべてEZTが売り切れてしまうでしょう。

これは、もちろんEZPOSが登録だけでコインが貰えるというのもありますが、プロジェクト自体もかなり注目されているからです。

EZPOSのプロジェクトの詳細については次の項目で詳しく解説していきますが、とにかくEZPOSは今後爆上げも十分に予想される通貨です。

1EZT=130円で手に入れられるのはおそらく次のICOが最後でしょうから、もし購入を考えているのであればしっかりビットコインかイーサリアムを準備しておきましょう。

EZPOS公式サイト:https://ico.ezpos.io/

 

EZPOSはどのようなプロジェクトなのか?

それでは、EZPOSのプロジェクト内容について詳しく見ていきたいと思います。

EZPOSのプロジェクト内容を一言で表すと、

「POSシステムをもっと有効活用して、より物流を潤滑にしていこう」

というプロジェクトなんです。

 

POSというのは、「Point of sale」の略で、

「どの商品がどの時間にどれくらい売れるのか?」

というようなデータを逐一管理して、商品販売を最適化していくためのシステムです。

 

このPOSシステムは、ビックデータを蓄積できるという点で、もはや大企業では導入していないところはないと言っても過言ではないくらい普及しているシステムなのですが、現状では

・維持コストが高い

・顧客管理のシステムが十分に整っていない

・グローバル企業がでていない(世界標準のPOSサービスを提供する企業がない)

などの問題を抱えています。

 

EZPOSは、これらの問題を解決するためにブロックチェーン技術と独自トークン「EZT」を利用することで、

・EZTを利用することでより資金の移動を潤滑に

・ブロックチェーンで顧客管理を安全・確実・簡単に

・上記を実現して世界基準の企業に

を実現しようとしているんです。

 

この点に関してはかなり技術的な話になってしまうので、より詳細を知りたい場合は以下のボタンリンクからEZPOSのホワイトペーパーを確認してみてください。

また、プロジェクトに関して説明している動画もあります。

 

EZPOSの将来性は?信頼できる?

そんなEZPOSですが、やはりICOで重要なのは

・信頼できるプロジェクトなのか?

・将来性はあるのか?

という部分ですよね。

 

結論から言うと…

 

EZPOSは激アツです。

 

将来的には、EZTの値段はほぼ間違いなく上がるでしょう。

というのも、そもそもEZPOSは元々ベトナムでPOSシステムのサービスを提供している会社なんです。

 

「banhang.net」と、「maytinhtien.net」という2つのサービスを展開しており、従業員は130名、1万店以上へサービスを提供してきた、既にかなり実績のある企業なんです。

つまり、既にPOS分野において充分な技術力・開発力を有しているというわけですね。

 

更にEZPOSは、ブロックチェーン技術をPOS分野に活かすシステムの開発にも2016年の段階から着手しており、既に枠組み自体はほぼ出来上がっているとのこと。

2018年の3月からサービスの運用も決定しているんです。

EZPOSは既に大量の顧客も抱えていますから、システムを爆発的に普及させる土台も十分にあります。

 

EZPOSはPOS分野で世界的にシェアを握り始めたら…

トークンの価格も爆発的に上昇するでしょうね。

 

少なくとも、ここ最近のICOの中では、非常に優良な間違いなく「買い」のトークンだと思います。

まとめ

というわけで、今回はもうすぐ最後のトークンセールが行われる「EZPOS」について、プロジェクトの内容や将来性、登録方法などについて解説してきました。

正直、EZPOSは将来性にかなり期待できる企業です。

POSのビックデータ管理とブロックチェーン技術はかなり相性が良さそうですし、ビジネス領域的にはかなり仮想通貨と相性の良い企業でしょう。

余剰資金があれば多めに購入しても良いと思いますし、なくても登録するだけで最低5EZTは確実に受け取ることができます。

EZPOSの今後の成長に、ともに注目していきましょう。

EZPOS公式サイト:https://ico.ezpos.io/

 

 

期間限定!メールアドレスを入力するだけで1万円分のリップル(XRP)が無料でもらえるプレゼント実施中!詳しくは以下のバナーから

キャンペーンサイト:http://jisedai.tank.jp

-ICO案件

Copyright© 仮想通貨で億り人 , 2018 All Rights Reserved.