-仮想通貨で億り人ニートになりたい人のブログ-

仮想通貨で億り人

コラム 取引所 基礎知識

【仮想通貨】取引所と販売所の違いを知らないとえらい目に遭います

更新日:

どうもこんにちわ、新子(にーこ)です。

この記事では、取引所と販売所の違いについて解説していきます。

とは言え、ある程度仮想通貨を触っている人であればこのような解説はいらないと思うのですが、これから仮想通貨取引を始めたいと思っている人、もしくは仮想通貨取引を始めたばかりだという人は、あまり意識しない部分だと思います。

私は最初、この取引所と販売所の違いを理解しておらず、ちょっとだけ痛い目を見たので、お金を無駄にしないためにもこの部分の違いはしっかりと理解しておきましょう。

取引所と販売所の違い

まず最初に、取引所と販売所の違いを理解するための、この画像を見てください。

イメージ的には、取引所(コインチェックやZaifなど)の中に、更に「取引所」「販売所」があるという感じですね。

この記事では便宜上、取引所の中にある「取引所」の事は「取引板」と呼ぶことにします。

取引所とは

取引所とは、その名の通り取引を行うところです。

日本国内の有名な取引所であれば、出川さんのCMで話題になったコインチェックや、かまいたちさんのコントで話題になったZaifなどがありますね。

コインチェックの出川さんのCM

 

ZaifのかまいたちさんのCM

 

取引所の役割は、もちろん仮想通貨の取引をできるようにすること。

コインチェックやZaifなどの取引所では、仮想通貨の取引をすることができます。

それぞれの取引所によって取り扱いのある通貨が違ってきたり、取引所ごとの強みもあったりという感じなのですが、各取引所の特徴を以下の記事にまとめていますので、良ければこちらもご覧になってみてください。

 

 

基本的に、国内の取引所はアルトコインの取扱数が少ないため、私はBinance(バイナンス)で取引を行っています。

以下の記事でバイナンスを激推ししているので、まだバイナンスに登録していないっていう方はぜひ見てみてくださいね~。

取引板とは

さて、ここからは「取引板」について説明していきます。

取引板の特徴は

「ユーザー同士でコインの売買ができる」

という点ですね。

取引板を使うメリットは、何といっても手数料が安い事。

この一点に尽きます。

後ほど「販売所とは」の項目で詳しく説明しますが、基本的にはコインを購入する際は取引板で購入しなければいけません。

 

販売所でコインを購入すると、手数料の名目でかなりの額を持っていかれてしまうからです。

それに対して取引板は、ユーザー同士で売りたい量と買いたい量、売りたい金額と買いたい金額を調整して売買を行うため、それほど大きな手数料を持っていかれる事はありません。

また、ユーザー同士で調整すると言っても、実際には買いたい量と、買いたい金額をしているするだけですので、難しい事は全くありません。

一先ず、

「基本的には取引板で取引を行う」

という事だけ頭に入れておいていただければ問題ありません。

販売所とは

販売所とは、取引所の中にある

「コインを販売しているところ」

です。

 

上記の取引板はユーザー同士でコインの売買を行いますが、こちらの販売所ではユーザーが取引所からコインを購入するという形になっています。

いつでもコインを購入する事が可能なので、便利と言えば便利なのですが、基本的にはこの販売所を使用する事はほぼありません。

というのも、販売所では「手数料」という名目で、実際のコインの価格よりも買う時は高く、そして売る時は安くなるように調整されてしまうのです。

これは「スプレッド」とも言います。

 

例えばこちらは、2017年12月21日、11時28分時点でのリップル(XRP)のチャートです(チャートはコインチェックのスマホアプリのもの)。

こちらで見ると、1リップル(XRP)が97.413円となっていますね。

これを、販売所の方で見てみると…

1リップル(XRP)が100.38円になっていますね。

チャートでは1リップル(XRP)97.413円のものが、販売所では100.38円で売られているんです。

この約3円分の差額が、運営に取られる手数料(スプレッド)ということですね。

「たかが3円じゃん(笑)」

と思うかも知れませんが、例えば100リップル(XRP)購入したら300円、1000リップル(XRP)購入したら3000円と、どんどん手数料は増えていくんです。

それだけでも勿体ないのですが、更にこちら。

販売所でリップルを売却しようとした時の値段をご覧ください。

左が1リップル(XRP)当たりの現在価格、右が販売所での価格です。

ご覧頂くとお分かりの通り、チャートでは1リップル(XRP)当たり99.061円になっていますが、販売所で売却すると1リップル(XRP)当たり95.707円になっていますね。

こちらでも約3円ほど差額が出ています。

つまり、1000リップル(XRP)の購入と売却を販売所で行った場合、総額6000円も手数料で持っていかれるという事になりますね。

この手数料は購入・販売の量が増えるのに比例して高くなっていくので、余程安く購入して余程高く売らない限り、大した利益にはなりません。

 

特にツイッターなんかを見てみると、「スプレッドが酷い」というツイートもたくさん出てきます。

今回はたまたまビットフライヤーに焦点が当たりましたが、正直私としてはどの取引所も同じようなものだと思っています。

ですから、基本的には販売所での購入はおススメできません。

まとめ

今回は、取引所(取引板)と販売所の違いについて解説してきました。

 

基本的に、国内の取引所でビットコイン以外の仮想通貨を購入してしまうと、比較的割高になってしまいます。

国内の取引所でアルトコインを購入するのであれば、Zaif、ビットトレードあたりがおススメですね。

ただ、Zaifにしてもビットトレードにしても、アルトコインの取り扱い銘柄があまり多くはないので、アルトコインを購入する際はやはり海外の取引所で取引をするのが良いのではないかと思います。

 

ぜひ、仮想通貨を購入する際の参考にして頂けると嬉しいです。

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

期間限定!メールアドレスを入力するだけで1万円分のリップル(XRP)が無料でもらえるプレゼント実施中!詳しくは以下のバナーから

キャンペーンサイト:http://jisedai.tank.jp

-コラム, 取引所, 基礎知識

Copyright© 仮想通貨で億り人 , 2018 All Rights Reserved.